Lionaroid

Lionasの技術ブログ

ドロン君(弟)制作中

Androidの会四国支部の今岡さんが製作されている、Androidで動作する「ドロン君」の改造を計画しています。

改造の内容は「HT-03Aのジェスチャー機能で動くドロン君

早速、以下の要件で今岡さんと相談しながら、腹違いのドロン君(弟)を製作することになりました。

ハードウェア要件:

  • HT-03Aとの接続のためと将来的な駆動制御の変更のため、制御マイコンArduinoを搭載する
  • 回路〜駆動部はなるべく既存のものを流用する
  • ハード全体として、なるべく拡張性を持たせる
  • モータの制御はArduinoからの制御信号(High/Low)で行う。
  • モータの逆転(後進)はとりあえず不要。(将来的に駆動回路変更によって対応)
ちょっと相談した限りでは、技術的な問題は特になさそう。モータや駆体を調達して組み上げていく作業で済むはず。


ちなみに、肝心のArduino側制御プログラムやHT-03AAndroidのリモコンプログラムはもう出来ていたりしてw



リモコンはこんな感じで、ジェスチャーを入力すると対応する制御コマンドが生成されて、ArduinoBluetooth経由で通知されます。



通知を受け取ったらArduino側でコマンドを判別して、必要な制御信号をモータへ送る仕組みです。
今は肝心のドロン君本体がないので、LEDを仮想のモータとしています。
写真の緑のLEDが左側モータ、赤のLEDが右側モータに相当します。

写真の例だと、左回転するジェスチャーを入力した結果、赤のLEDがON(=右モータ回転)していることになります。

ということで、あとはドロン君の駆動回路と筐体を組み上げ、これらの制御装置を組み合わせるのみ。
完成したら勉強会等で発表できそうです。楽しみ。