Lionaroid

Lionasの技術ブログ

simejiと連動したリアルタイム気温入力マッシュルームアプリ

simejiから「きおん」と入力すると、現在の気温に変換するマッシュルームアプリを作成しました。

気温計としてArduinoに温度センサと通信用のBluetoothモジュールをつないだ「Arduino気温計」を使います。
マッシュルームアプリからの問い合わせに対して、現在の温度をBluetooth経由で返すのが、気温計の機能です。

? 適当な入力フィールドで、simejiを使って「きおん」と入力します。



? simejiのマッシュルームボタン(左上)を押します。



? Arduino気温計から気温を取得するマッシュルームアプリを選択します。



? マッシュルームアプリがArduino気温計のBluetoothデバイスの検索を開始します。



? デバイスの検索が完了してリストアップされたデバイスから、気温計のデバイスを選択します。
? 気温が自動的に取得され、元の入力フィールドに画面が戻ります。
? 「きおん」と入力した部分が、実際の気温の値に変換されます。


※今回は実際の気温センサ(素子)をArduinoのアナログ入力ポートに接続していないため、気温値が変な値(ゴミ値)になっています。実際の素子を接続すれば、妥当な値が出力されるはずです。

ハード構成については非常にシンプルなもの(Arduinoに気温センサ素子1個とBluetoothモジュールをつないだだけ)ですが、今回は気温センサをまだGetしていないため、手に入れたら改めて公開したいと思います。

この気温計の問題点として下記のようなものがありますが、今回は実験ということでスルー。
  • 気温の変換の度にBluetoothデバイスを検索する必要があるので面倒
  • 気温計のBluetoothの電波の届く範囲に居なければ使えない
  • そもそもBluetoothを搭載した気温計を作らないといけない