Lionaroid

Lionasの技術ブログ

Fotopediaで日本版アプリのための写真を集めています

先日、iPadで高品質な世界遺産の写真を見ることができるアプリが公開され、一躍有名となった Fotopedia Heritage ですが、これらの写真はコミュニティによって提供されていることをご存知でしょうか?

Fotopediaをご存じない方のために、特徴を紹介しますと・・・

  • FotopediaはWikipediaと連携して、写真による図鑑を作成する活動を行っています。
  • 主な写真は世界中のプロ・アマ写真家、コミュニティによって投稿されたものです。
  • Flickr等に投稿されているクリエイティブコモンズで公開された写真が利用されることもあります。
  • 図鑑に対して写真をノミネートすることができ、世界中のコミュニティによって評価された写真(+5ポイント以上)が正式な写真として図鑑のトップページに公開されます。
  • 自身専用のページを持つことができ、他の画像サービス同様にホスティングとして利用することもできます。
  • 自身専用ページにはFollow/Follower機能があるので、他の写真家との交流ができます。
  • 図鑑のコントリビュート(貢献)数が掲示されるので、自身がどれだけFotopediaに貢献しているか、一目で分かります。
  • オフィシャルなプロジェクトのうち、いくつかはFotopedia Heritageのようなアプリケーションとして公開されることがあります。
  • Fotopediaに参加することにより、自身の写真を世界のコミュニティから評価をしてもらえるだけでなく、その写真が図鑑を構成するという、言わば世界的なボランティア活動に参加することができます。


さて、この度、Fotopediaの中の人である Adrian Measures 氏の協力の元、日本の風景や名勝、文化遺産などを収録すべく、現時点では"アンオフィシャル"な形ではありますが、Japanプロジェクトの立ち上げを行い、写真の収集を開始しました。

しかしながら、Fotopediaへの日本人の参加者は少なく、写真も少ない状態です。
オフィシャルなプロジェクトとなるためには、ランドマーク、城、神社、寺、観光名所、国立公園などなど、様々な地点の高品質な写真が必要です。

そこで、Japanプロジェクトをオフィシャルなプロジェクトにすべく、日本にまつわる写真を提供下さる方、あるいは、Flickrなどでクリエイティブコモンズの写真を共に探して下さる方を広く募集します

興味のある方は是非、Lionasまでご連絡下さい。
プロ・アマは問いません。初心者でもOKです(というか、私も初心者です)。
その他の具体的な協力方法や条件については、個々にお知らせ致します。

※問い合わせが多い場合は、別途、条件などを掲示するかもしれません。
尚、連絡先は下記のいずれかでお願いします。


皆様のご協力をお待ちしております!