Lionaroid

Lionasの技術ブログ

Android Wear - UI概要

Android Wearが発表されましたね。早速、勉強ついでに UI Overview を翻訳してみました。

概要

新しいフォームファクターは、新しいUIモデルに相当します。高レベルでは、Android Wear UI は、サジェスト(Suggest)とデマンド(Demand)のコア機能に集中した2つのメインスペースで構成されます。アプリーケーションはこれらスペースの両方に重要な役割を持つでしょう。

サジェスト(Suggest): コンテキストストリーム

コンテキストストリームはカードの縦のリストで、それぞれが便利な、または、タイムリーな情報の部品として表示されます。
Android携帯電話とタブレット上のGoogle Nowのように、ユーザは、重要な更新が簡潔に分かりやすく書かれたカードから、他のカードへ遷移するために縦にスワイプします。
一度に画面に表示されるカードは1つのみで、背景画像は追加のビジュアルな情報を提供するのに役立ちます。
アプリケーションは、最も有用な時にカードを生成し、ストリーム中に挿入することができます。

ストリーム中のカードは単一の通知よりも多いです。水平方向にスワイプすることで追加のページを表示することができます。
さらに水平方向にスワイプすると、タップ可能なボタンが現れるかもしれません。これは通知に対して何かしらのアクションをユーザに許すことを意味します。
カードは左から右へスワイプすることで、次回に情報が表示されるまでストリームから除去することができます。
エミュレータでは、画面の上部にマウスオーバーすると、端末の上部の青いバーが表示され、クリックするとホームに戻ることができます。

デマンド(Demand): キューカード

コンテキストストリームでユーザが何をしたいか予想できないようなケースにおいて、キューカードはユーザが端末と話すことを許します。
キューカードは、"OK Google" または ホーム画面の "g" アイコンをタップすることで開くことができます。
キューカードを上方向にスワイプするとアクションのリストが表示され、それらはタップすることもできます。

アクションリストは、音声アクションの Android インテントを含みます。
来たる Android Wear SDK では、開発者のアプリケーションと、ユーザがボイスコマンドを使ってアクションを実行するインテントをマッチさせることが可能になります。
単一の音声インテントによって複数のアプリケーションが登録されるかもしれません。その際、ユーザはいずれのアプリケーションを使うかを目的に応じて選択するでしょう。