Lionaroid

Lionasの技術ブログ

Fotopedia クオリティガイドライン

Fotopedia Quality Guidelines の翻訳を行ったので、備忘録としてメモ。
写真は著作権等で面倒なので掲載ナシ。

---
Fotopediaは百科事典の写真の品質と美しいデザインが称賛された。
この品質レベルと一貫した百科事典のデザインを維持していきたい。

手助けしてほしいこと:

  • このチャート(ガイドライン)に従った写真を追加すること
  • このチャートに従った写真に投票すること

サイズの問題:
  • 写真の解像度は1920x1080が最適
  • 解像度がそれ以上の場合は自動的に圧縮される
  • 世界遺産のアプリケーションには、少なくとも1辺が1000ピクセル以上必要
  • 800x533や533x800より小さな写真は受け入れられない

フレーム:
  • 写真にフレームを一切付加しないこと。
    デザイナーがフルタイムで働いているのだから(ry なので、余計なものをつけるなよってこと。
  • マイナス評価され、図鑑に載らないであろう写真の例(原文参照)

著作権表示(透かし):
  • 透かしを加えるなどという、写真の質を損なうようなことはしないこと。
  • Fotopediaはプロフィールへのリンクと共に、作者と写真のライセンスについて、常に明示している。
  • 写真を再利用したい人がいたら、連絡が付けられるような仕組みを用意している。
  • 写真を保護したい場合は、不可視の透かしを入れて欲しい。
  • 透かしを入れられた写真の例: これらを見つけたらマイナス評価で投票して下さい。(原文参照)

写真の見せ方(世界をあるがままに表現する):
  • 世界は完全ではない。フォトショップを使って実際と異なる世界を再表現をしたり、アーティスティックな表現を必要とすると感じるかもしれないが、百科事典ではそのような必要性はない。美しさも醜さも全て、世界のあるがままを図解する必要がある。
  • 芸術的に過剰処理された写真(HDRを含む)はふさわしくない。
  • 百科事典を改良したいなら、遠慮なく実際の世界を改良して下さい!(w
  • ふさわしくない例(原文参照)。HDRが施されていない写真はOK。

自身の目で決める:
  • 良い写真とは、次の項目に該当しない。「ノイズがある」「露光過剰」「露光不足」「ボケている」「バックライトがある」「白飛びしている」「フラッシュが不自然」
  • とはいえ、いくつかの素晴らしい写真には、これらの特性があるかもしれないので、一般的な規則ではない。
  • 写真の品質に確信がないなら、既に百科事典に載っている写真を見て、見る目を鍛えて下さい。百科事典を見ることで、あなたの見る目を鍛えると同時に、よい投票ができるようになる。
  • 百科事典には加えない、評価ダウンの例:「ボケている」「白飛びしている」「露光過剰」「露光不足」(原文参照)